docomo business | NTT Communications

三者通話

最終更新日: 2022年3月25日 午後2:18

カスタマーと転送先コミュニケーターとの三者通話を開始できます。

三者通話の開始手順

1. 三者通話は、コンタクトに参加しているカスタマーと転送先コミュニケーターとの通話の一方または両方が保留状態のときに、三者通話ボタンから開始できます。

2. 三者通話が開始されると、すべての保留ステータスが終了し通話中ステータスへと変更されます。


三者通話中の保留操作

  • カスタマーの通話を保留にする

ソフトフォン上の「保留」ボタンをクリックすると、カスタマーが保留になります。

このとき、通話に参加しているのはご自身と転送先コミュニケーターの2人になります。

  • 転送先コミュニケーターを保留にする

ソフトフォン上の「転送先保留」ボタンをクリックすると、転送先コミュニケーターが保留になります。

このとき、通話に参加しているのはご自身とカスタマーの2人になります。

  • 通話参加者全員(カスタマー、ご自身、転送先コミュニケーター)を保留にする

ソフトフォン上の「全て保留」ボタンをクリックすると、参加者全員が保留になります。


三者通話の終了手順

  • 転送先コミュニケーターの通話を終了する

ソフトフォン上の「転送先切断」ボタンをクリックすると、転送先コミュニケーターの通話を終了します。

  • 自身の通話を終了する

ソフトフォン上の「退室」ボタンをクリックすると、ご自身の通話を終了します。

  • カスタマーの通話を終了する

ソフトフォン上の「切断」ボタンをクリックすると、カスタマーの通話を終了します。



回答が見つかりましたか?
はい
いいえ

お困りのことについてポータルサイトに記載されていない場合は、開発者が把握していないエラーが発生している可能性があります。

フィードバックを送るページから「ご要望」としてコメントをお寄せください。



関連ページ
previous
一覧に戻る
サイトのご利用にあたってYour Connect利用規約

© NTT Communications Corporation All Rights Reserved.