docomo business | NTT Communications

デスクフォンの操作方法

最終更新日: 2022年8月29日 午後3:01

デスクフォン(固定電話やお手持ちの携帯電話、スマートフォンなど)の操作方法および表示画面を説明します。
デスクフォンで通話着信を受ける場合の設定方法についてはデスクフォンへの着信設定をご覧ください。
一時的にPCの前から離席する場合などにご活用いただけます。

デスクフォン通話発信

デスクフォン設定した状態で発信する手順を説明します。

1.ソフトフォン上で発信したい電話番号を選択し、発信ボタンを押します。
カスタマーへ電話番号を入力して発信する方法は発信
登録した電話番号への発信(クイック接続)方法は登録した電話番号への発信(クイック接続)
発着信履歴から発信する方法は発着信履歴の確認とリダイヤルをご覧ください。

2.デスクフォン設定した端末に自動転送されます。
デスクフォン設定した端末で応答すると、カスタマーとの通話を開始することができます。

Note補足
  • ソフトフォンから発信した際に、デスクフォンに設定した端末上はカスタマーの電話番号(A)ではなく受電したキューに紐づく電話番号(着信した電話番号)(B)が表示されます。
  • また、転送などの通話中の操作はYour Connectソフトフォン画面上で行います。


デスクフォン通話着信

内線及び外線電話を着信し応答する手順を説明します。

1.電話を着信すると、着信音が鳴動します。
その後、デスクトップ右下に電話着信の通知と着信番号が表示されます。
また、タスクバーのアイコンも「点滅」します。


2.ソフトフォン画面には、発信元のカスタマーの電話番号、デスクフォン設定中の電話番号が黒帯上に表示されます。
 着信をしたキュー名、キューに入ってからの経過時間を確認することができます。



3.デスクフォン設定した端末に自動転送されます。
デスクフォン設定した端末で応答すると、カスタマーとの通話を開始することができます。

Note補足
  • カスタマーから着信した際に、デスクフォンに設定した端末上はカスタマーの電話番号(A)ではなく受電したキューに紐づく電話番号(着信した電話番号)(B)が表示されます。
  • また、転送などの通話中の操作はYour Connectソフトフォン画面上で行います。


  • Chromeのシークレットモードを利用している場合、アイコンは点滅しません。
  • SAML認証でログインしている場合、デスクトップ右下の電話着信と着信番号の通知は表示されません。
  • 応答拒否を選択すると、コールフローの設定に基づき、次に着信可能なコミュニケーターへ着信します。
  • 応答拒否後、コミュニケーターのステータスは自動的にAgentHungUpとなります。

発信および着信などの業務を行うには、手動でステータスを変更する必要があります。

  • 2021年3月以前よりご利用のインスタンスでは、通話後処理中のコミュニケーターは転送着信する場合があります。

デスクフォン通話終了

通話を終了する手順を説明します。

1.デスクフォン設定した端末で通話を切断、またはソフトフォンの「切断」ボタンをクリックすると、通話が切断されます。
その後、起動後の画面に戻ります。カスタマー側で通話を終了した場合も同様です。

Caution重要

通話終了後、コミュニケーターのステータスが自動的に通話後処理中となります。
再度デスクフォン設定した端末で発信および着信などの業務を行うには、ソフトフォン上ででステータスを変更する必要があります。

Note補足

着信または発信した際に、デスクフォン設定をした端末側で応答拒否をするとYour Connectソフトフォン上でのステータスは「AgentHungUp」に自動設定されます。
再び着発信を行いたい場合は、ステータスを変更してください。


回答が見つかりましたか?
はい
いいえ

お困りのことについてポータルサイトに記載されていない場合は、開発者が把握していないエラーが発生している可能性があります。

フィードバックを送るページから「ご要望」としてコメントをお寄せください。



previous
一覧に戻る
サイトのご利用にあたってYour Connect利用規約

© NTT Communications Corporation All Rights Reserved.