docomo business | NTT Communications

発信

最終更新日: 2022年9月13日 午後5:52

カスタマーへ電話番号を入力して発信する方法を説明します。
登録した電話番号への発信(クイック接続)方法は登録した電話番号への発信(クイック接続)
発着信履歴から発信する方法は発着信履歴の確認とリダイヤルをご覧ください。

手順

電話番号を入力して発信する手順を説明します。

1.発信タブ(電話アイコン)を選択します。


2.「直接入力発信」を選択し、電話番号入力欄に発信したい電話番号をキーボードで入力、あるいはダイヤルパッドから入力します。


3.発信番号(相手に通知される電話番号)を選択する場合は、発信ボタン押下前にプルダウンでキュー名を選択します。


4.電話番号入力後、発信ボタンをクリックすると、発信番号に即時発信されます。




Note補足
  • 電話番号入力時、「+81」の入力は不要です。
  • ハイフンを入れて番号を入力しても発信が可能です。
  • 特殊番号は発信不可です。(2020年6月時点)


キーボード入力、ダイヤルパッド入力の場合で入力欄、操作できる箇所が異なります。
キーボード入力
キーボード入力の場合は1の入力欄に電話番号が入力され、右にある「発信」ボタンを押下すると発信できます。

ダイヤルパッド入力
ダイヤルパッドの場合は2の入力欄に電話番号が入力され、ダイヤルパッド内にある「1文字削除」ボタンを押下すると1文字削除、「発信」ボタンを押下すると発信できます。
「0」を1秒以上押下すると「+」を入力できます。
通話中にも番号の入力が可能です。


終話後の発信
終話後は「通話後処理中」ステータスに変わります。再び発信対応を行う場合はステータスを変更してください。
※発信操作が可能なステータス

  • 応答可能
  • 応答不可
  • 離席中(カスタムステータス)



回答が見つかりましたか?
はい
いいえ

お困りのことについてポータルサイトに記載されていない場合は、開発者が把握していないエラーが発生している可能性があります。

フィードバックを送るページから「ご要望」としてコメントをお寄せください。



previous
一覧に戻る
サイトのご利用にあたってYour Connect利用規約

© NTT Communications Corporation All Rights Reserved.