docomo business | NTT Communications
トップ
arrow
操作マニュアル:ソフトフォン操作(新UI)
arrow
コミュニケーター応対ステータスの一覧と操作方法

コミュニケーター応対ステータスの一覧と操作方法

最終更新日: 2022年8月29日 午後2:57

コミュニケーターの応対ステータスと関連するソフトフォン操作について説明します。
コミュニケーターは、ソフトフォンのステータスボタンにより自身のステータスを選択することができます。

コミュニケーターの応対ステータス一覧

コミュニケーターのステータスは9種類あります。
このうち1~3は手動で選択が可能です。

水色:応答可能
赤色:応答不可、通話切断関連
橙色:離席中、通話後処理中
灰色:通話対応中



コミュニケーターの応対ステータス一覧
番号 ステータス 外線着信 内線着信 発信 備考 手動選択
1 応答可能 手動選択でのみ設定可能
2 応答不可 × × ログイン時に自動設定される
3 離席中(カスタムステータス) × × プルダウンで選択し設定
4 発信中 × × × 発信中に自動で設定される ×
5 着信中 × × × 着信中に自動で設定される ×
6 通話中 × × × 通話中に自動で設定される ×
7 不在着信 × × × 着信中にコミュニケーターが一定時間応答しなかった場合に自動で設定される ×
8 着信拒否 × × 発信中および着信中にコミュニケーター側が切断した際に自動で設定される ×
9 通話後処理中 × ×※ × 通話終了後に自動で設定される ×
10 AgentHungUp × × × 着信または発信時に、デスクフォン設定をした端末側で応答拒否をした際に自動で設定される ×
Note補足

離席中(カスタムステータス)
離席中(カスタムステータス)の項目は管理者の画面にて設定可能です。コミュニケーター・カスタムステータスの設定をご覧ください。

通話後処理中(AfterCallWork)
通話後処理中に転送を受けることの可否は、問い合わせフローの設定によって異なります。
センター管理者にご確認ください。詳しくは通話後処理中(AfterCallWorkステータス)の転送着信可否をご覧ください。

コミュニケーターの応対ステータス変更の手順

手動で選択可能なステータスについて、変更の手順を説明します。


1.変更したいステータスをプルダウンから選択します。


2.選択したステータスに変更されます。

Note補足

離席中(カスタムステータス)
「離席中」配下にあるカスタムステータスを選択した場合、選択したステータスは常に「離席中」というボタンの名前で表示されます。
選択したカスタムステータス名は「離席中」ボタンの下部に表示されます。


回答が見つかりましたか?
はい
いいえ

お困りのことについてポータルサイトに記載されていない場合は、開発者が把握していないエラーが発生している可能性があります。

フィードバックを送るページから「ご要望」としてコメントをお寄せください。



previous
一覧に戻る
サイトのご利用にあたってYour Connect利用規約

© NTT Communications Corporation All Rights Reserved.