docomo business | NTT Communications

保留と保留解除

最終更新日: 2022年8月26日 午前11:30

通話の保留および保留状態を解除する方法を説明します。

二者通話時の手順

通話を保留にする

以下のいずれかの操作により、通話が保留状態になります。

① ステータス表示右側の「保留」ボタンを押す
「コンタクト先情報」領域内右側の「保留状態」トグルを「ON」にする

保留中はコンタクト先情報のステータスが「保留中」になり、応答中キュー情報・コンタクト先情報の領域の背景色が変化します。
保留中状態による背景色は、以下の条件により3段階に変化します。

保留状態を開始した直後〜30秒未満の場合:薄い黄色


保留状態が30秒以上、60秒未満の場合:薄い赤色


保留状態が60秒以上の場合:濃い赤色

通話の保留を解除する

以下のいずれかの操作により、通話の保留が解除されます。

① ステータス表示右側の「保留解除」ボタンを押す
「コンタクト先情報」領域内右側の「保留状態」トグルを「OFF」にする

三者通話時の手順

通話を保留にする

保留にしたい対象者により操作方法が異なります。

① ステータス表示右側の「全保留」ボタンを押す:通話参加者全てを保留状態にする
② 「コンタクト先情報」領域内右側の「保留状態」トグルを「ON」にする:コンタクト相手(カスタマーなど)を保留状態にする
③ 「転送先情報」領域内右側の「保留状態」トグルを「ON」にする:転送相手(コミュニケーターなど)を保留状態にする

通話の保留を解除する

保留状態を解除したい対象者により操作方法が異なります。

① ステータス表示右側の「全保留解除」ボタンを押す:通話参加者全ての保留状態を解除する
② 「コンタクト先情報」領域内右側の「保留状態」トグルを「OFF」にする:コンタクト相手(カスタマーなど)の保留状態を解除する
③ 「転送先情報」領域内右側の「保留状態」トグルを「ON」にする:転送相手(コミュニケーターなど)の保留状態を解除する

Note補足

三者通話時の保留時間による背景色の変化について

三者通話時の背景色は、以下の条件で描画されます。

  • 通話中の人がいても、保留中の人がいる場合は保留中による背景色変化が優先されます
  • 保留中の人が複数いる場合、最も保留時間の長い相手の保留時間による背景色変化が優先されます


回答が見つかりましたか?
はい
いいえ

お困りのことについてポータルサイトに記載されていない場合は、開発者が把握していないエラーが発生している可能性があります。

フィードバックを送るページから「ご要望」としてコメントをお寄せください。



previous
一覧に戻る
サイトのご利用にあたってYour Connect利用規約

© NTT Communications Corporation All Rights Reserved.