docomo business | NTT Communications

発信

最終更新日: 2022年9月13日 午後5:54

カスタマーへ電話番号を入力して発信する方法を説明します。
登録した電話番号への発信(クイック接続)方法は登録した電話番号への発信(クイック接続)
発着信履歴から発信する方法は発着信履歴の確認とリダイヤルをご覧ください。

手順

電話番号を入力して発信する手順を説明します。

1.メイン画面の発信ボタンを押します。


2.発信用サブウィンドウが開きます。
発信先電話番号(外部)・キーワード検索フィールドに発信したい電話番号をキーボード、あるいはダイヤルパッドから入力します。


3.電話番号入力後、発信ボタンをクリックすると、発信番号に即時発信されます。
発信番号(相手に通知される電話番号)を選択する場合は、発信ボタン押下前にプルダウンでキュー名を選択します。


Note補足

ダイヤルパッドからの入力
発信用サブウィンドウ内にあるダイヤルパッドを選択すると、ダイヤルパッドからの入力が可能となります。
「0」を1秒以上押下すると「+」を入力できます。
通話中にもダイヤルパッドでの入力が可能です。

Note補足
  • 電話番号入力時、「+81」の入力は不要です。
  • ハイフンを入れて番号を入力しても発信が可能です。
  • 入力途中から、クイック接続に登録されている発信先が検索されます。
  • 特殊番号は発信不可です。(2020年6月時点)
  • 発信先番号(外部)・キーワード検索フィールドに入力した値は、サブウィンドウを閉じたタイミングでクリアされます。発信毎にサブウィンドウを閉じる運用を推奨します。
  • 終話後は「AfterCallWork」ステータスに変わります。再び発信対応を行う場合はステータスを変更してください。

   ※発信操作が可能なステータス
    ・Available
    ・Offline
    ・離席(カスタムステータス)


回答が見つかりましたか?
はい
いいえ

お困りのことについてポータルサイトに記載されていない場合は、開発者が把握していないエラーが発生している可能性があります。

フィードバックを送るページから「ご要望」としてコメントをお寄せください。



previous
一覧に戻る
サイトのご利用にあたってYour Connect利用規約

© NTT Communications Corporation All Rights Reserved.